HOME » 知っていますか?自由設計でできること » 自由設計=フルオーダーの家?

自由設計=フルオーダーの家?

ここでは「注文住宅」「自由設計」「フリープラン」「企画住宅」などの住宅業界用語の説明を掲載しています。

自由設計とは

一般的に自由設計の注文住宅と聞くと「自分が好きなように自由にデザインできる家」と考えてしまうと思いますが、実は住宅業界的には「自由設計」という言葉はベースになる規格商品の設計プランを顧客がカスタマイズすることが可能な住宅という意味で使われていることが多いのが実情です。

しかし、規格商品のカスタマイズでも会社によってその自由度は様々で、決められた一部分(建具やシステムキッチン、システムバスなど)をカタログから選択することしかできない会社から、構造に関わらないかなりの部分で自由に変更や付け加えができる会社もあります。

また、一般に考える「自由設計」の解釈通り1から全ての設計を自由に行える会社もあるので、「自由設計」の意味を確認した上で自分たちの希望に合った会社を選ぶことが大切です。

用語の意味

不動産会社のチラシなどを見ていると「フリープラン」や「自由設計」、「注文住宅」、「企画住宅」など様々な言い回しがされているのを目にすると思います。

しかし、実際にはそれらの用語には定まった定義がなく、会社ごとに独自の解釈で使用されている広告表現だということは知っておいた方が良いでしょう。住宅業界でそれぞれの用語がどのように用いられているか、ひと通り知識を持っておくこともトラブルを避けるために有用かも知れません。

【注文住宅】

間取りや仕様が決まっているモデルプランに建主が自分の好みやライフスタイルに合った仕様、変更を加えて施工会社と請負契約を交わして建築する住宅。建売り住宅の対義語として用いられる用語だと考えると解りやすいでしょう。完成品を購入するのではなく、契約を交わしてから建築することが特徴です。

【自由設計】

注文住宅のランクの1つとして使われる場合があります。商品名や広告表現として使用されるため明確な定義はありませんが、設計の一部あるいは全てに建主の希望を反映させることができる注文住宅を指すことが多いようです。

【フリープラン】

施主が設計や部材の選択など1から作る注文住宅や、建売り住宅のセレクトプランに対する商品名や広告表現として使用されることが多いようです。戸建て商品の場合は自由設計が使われることが多いのに対して、フリープランはマンションや建築条件付き土地にも幅広く使われています。

【企画住宅】

自由設計に対して、メーカーが外観や間取り、キッチン、バスなどの設備を数パターン用意して、建主がそこから好みのものを選んで建築する住宅を言います。またローコスト住宅、高気密高断熱住宅、収納の多い家などのようにメーカーが特定のコンセプトで設計したプランを企画住宅(規格住宅)と呼ぶこともあります。

東京都内&近郊エリアで自由設計を任せるならどこがいい?
おすすめの住宅会社ベスト5はこちら>>