HOME » 知っていますか?自由設計でできること » 自由設計で家を建てるメリット

自由設計で家を建てるメリット

ここでは自由設計のメリットを紹介しています。

自分好みの家が容易に入手できる

自由設計のメリットは言うまでもなく、自分の好みやライフスタイルに合った間取りやデザインの家を自由につくれることです。

マンションや建売り住宅では間取りや設備・仕様が全て決まってしまっているため「家ありき」で自分の生活スタイルを家に合わせなければならない、または自分の生活スタイルに合った家を探し回らなければならないという欠点があります。好きなときに好きな場所に、自分好みの家が作れるということが自由設計の最大の魅力でしょう。

敷地条件を選ばない

規格型(企画型)住宅の場合は間取りが決まっているため、狭小地や変形地での建築ができないことがあります。

自由設計では敷地の条件に合わせて最適な設計が行えるため、狭小地や変形した敷地、傾斜地にも家が建てられるという利点があります。特に狭小住宅や変形した敷地での建築に豊富な経験を持つ住宅会社では、狭小であることや土地の形を逆に利用して個性的な設計を提案してくれることがあります。

また、3階建てにすることによって狭小住宅でも、1階にビルトインガレージ、2階に広く明るいLDK、3階にプライベートルームなどの開放的な空間を作り出せることも自由設計住宅のメリットです。

カスタマイズで工期と費用を削減

自由設計には全てを1から設計するパターンと、予め決まっているデザインプランから好きなものを選んでカスタマイズするパターンの2種類があります。一般的に自由設計の名前で宣伝されているものでは、後者のパターンが多いでしょう。

一見すると1から家づくりができる方が魅力的に思えますが、実際にやってみると素人が家の間取りなどの設計を考えることは意外に難しいものです。あらかじめデザインプランが用意されている場合は色々なプランを見比べることで、はっきりしなかった自分の希望が具体的になってくる利点があります。

また、メーカーによってはかなりの部分でカスタマイズが可能なこともあるので、手軽に自分に合った家をつくるために最適な方法とも言えるかも知れません。

既製のプランをカスタマイズするタイプの自由設計では工期が短くてすみ、全てを1から設計するタイプと比較すると費用も削減できるメリットがあります。

東京都内&近郊エリアで自由設計を任せるならどこがいい?
おすすめの住宅会社ベスト5はこちら>>